来院されている患者さんの住所・居住地(参考資料)

波多江の皆様、こころから、ありがとうございます。


*経営状況

私達は、はたえなごやか内科クリニックという医療機関の経営とともに、不動産の事業であるワンルームの集合住宅(小規模なマンション)の経営を同時に行っております。
私達の事業に対する考え方は、持続性であり、継続性です。法人経営の経験も活かし、この度は、家族経営でもあるので、私達の努力や節約が、社会的評価や経営に直結するように、両事業の経営形態を、あえて個人事業の枠組みで、行っております。

2021年06月診療分での医業収入は、前・前々月比でも増収で、
概ね順調(良好)に推移しているとの判断です。

私たちの事業(医療機関と不動産の部)の抱える合計の固定負債(長期借入)は、合計一千万円以下に、現在、コントロールしております。両事業の純資産額の25%を上回らない健全な額です。


健全な経営にして、健全な医療

(景気の動きに揺さぶられにくい経営の形)


運営資金の追加や、設備投資が必要なときは、クラウドファンディングも視野に入れていきます。

我々の強み(はたえなごやか内科クリニック)

クリニック経営コンサルティング(診療所開業を目指しているドクターへ)

中間マージンを徹底的に検証し低コストでの開業経験と、複数の医療法人での長い役員経験(常務理事を含む)と院長を含む、長い多岐にわたる勤務医経験とあまりに多数の非常勤医経験を活かし、サイト(ネット)で、コンサルティングを受け付けたり、コミュニティの運営を考えています。よろしくおねがいします。
*これからのドクターが対象かと思います。(対象:研修医から)

システム(小さなお店などのICT、パソコン相談)

 みえて頂いている患者さん(付加価値的価格で)を含め、一般の方へパソコン、スマホでわからないことや、操作方法をお知らせすることを検討してます。
iOSや、WindowsOSと、MacOSの操作を対象とします。
また、Google, Facebook, Appleなどのサービス周辺。
(*アンドロイドは不得手です。Linuxなども対象外)

*なお、個人事業主の方などへ、簡単なクラウドベースのシステム構築もお知らせできます。基本アドバスをいたします。
*これ、どうしたらいいのだろうかなど?

ソリューション

私たちは最大限のアウトプットを追求します。ご要望に合わせて私たちが寄与できる付加価値を常に提供します。

いまの日本が生き残る道(提案)

基本路線は、外国勢がネット、オートメーション化(ICT)のサービスでのインフラの開発を完了しました。
今後、日本勢ができること、便利で、一見、冷たい今後のサービスに、おもてなしや和(なごみ)の精神、こころを織り込んでいくことではないでしょうか?

こころざしや、きもちのないサービスは、どんなに便利でも、今の世界は必要としてません。